リトミコヘア takao

小さい頃から不器用と言われ進学ができない理由でなんとなく美容学校に入学し専門学校時代はちょうどカリスマ美容師ブーム真っ只中。そんな中対してやる気もなかった自分は常にクラスのびり争いでした。いざ就職するときにはあまりダサイ美容室はやだなあと思い当時群馬県内で勢いのあったサロンに就職。運良く受かったはいいもののほぼ365日怒られてばっかりでした。あまりにも出来なくて謹慎になったこともあります笑!しかし当時の美容学校の時と違い怒られながらがむしゃらにやる達成感などなど逆に新鮮で仕事にのめり込んでいました。そして

記事一覧(144)